Hawaiian LomiLomi ハワイのおうち 華(レフア)邸 lehuahouse.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

お体のこと、 ハワイ、旅行記 など いろいろ。お付き合いくださいね✨


by 華(レフア)邸
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

神がかっていた倒木! 掛川日坂 事任八幡宮 2018.10



朝の事任八幡宮。やっぱりキラキラです。
f0247600_15341462.jpg











先日、金谷の温泉に入りに行く前に ふと
「あ、久しぶりに 事任八幡宮さまに お参りに行こう」
と思い立ちました。

朝のお参りだったので 時間は8時を少し過ぎたころでしょうか。

いつものことですが、こちらは鳥居からもうキラキラしていて
それは変わりません。
あー変わらないなあ!と嬉しくなりながら、本殿にお参りし。

さて、横のお稲荷さんの階段から降りようかな?と移動していきますと。


とっても大きな木が 倒れています。
というか最初は 「あれ?木が 置いてあるのかな?」くらいに思ったんですよね。
なぜかというと、他の木が横倒しなどになっていないからなんです。

でも、確かに お稲荷さんに上がる階段を横切って倒れているし
「置いた」わけでもないなあと。

しかし よくよく見ますと、すごいことになっていました。

写真 文中に載せて説明しますね。




f0247600_15344658.jpg

写真では見づらいですが 鳥居は全くダメージがないのに、写真左側の鉄の柵が 無残に 折れています。
「あれ〜、あの台風で倒れたのかあ。」と。

でも 鳥居は全く綺麗なまま。
そして そんなに 広いスペースではないのに 綺麗に倒れています。


「うわあ、これはすごいわ。」と思いながら そのまま 歩きますと。


f0247600_15350066.jpg

さらに驚いた私。

これ、事任八幡宮さんの ご神木なんですよ。
一番大きなご神木の方ではなく、二股の大杉さん。
少し手前の杉の木はかすめたものの、ほとんど 他の木に傷を与える
ことなく どーんと倒れたようで。


この朝、ちょうど 倒れた木をどかすために クレーンやら 業者さんやら 神主さんと一緒に 作業を始めるところでした。


私、神社の階段上からそれを見ていたら ちょっと涙が。

・・いろいろな意味で 大杉さんが このお役目を買って出たんだなあと。何と言っても ご神木ですし、神社の木の代表。

他の木はほとんど 倒さないで おそらく推定樹齢600年もの大杉さんが このお役目をなんて思ったら、、。




あんまりすごい出来事を見てしまったので 静岡のリーディングのyumiさんに写真を送っていました。
「・・すごかったです〜。ちょっと涙が出ました。」と私。

すると、「あーこれ、龍が通ったみたいよ。」と言いながら さらに
確認してくれ。

なんでも、あの嵐の倒木の時に 事任八幡宮さんに1体の龍さんが
入ったそうです。
最初は「出たのか、入ったのか、、」と言っていたんですが、入った
んですって。

事任さんの後ろのお禊の川に 龍神社があるはずなんですが、その龍が出て行って(?)新しい龍が 入ったとのこと。

そのあと、続けて
「 『やり直し』とか『見直して』っていう言葉が出てくるよ。
事任八幡宮さんだけというよりは、遠州全体へのメッセージみたい」
とyumiさん。


うーん。
確かに、この地方 台風が来る来ると言いながら いつも来ないんですね。
でも今回はまさに直撃。そして、三河も入れてですが119万戸の数日に及ぶ 大停電。
屋根の瓦もあちこちで取れ、紅葉する木々は 全て 茶色くなり。

なかなかシビアな状態で、ちょっと気が引き締まりました。
あのあと、防災グッズをもう一度見直したり、次の台風の時に 各家庭で たくさん買いだめがあったという話も聞きますし、ちょっと意識が変わりましたね。


事任八幡宮の後 静岡中部地区へも行ったのですが、全く 塩害が
なかったんです。
「あれ?木が茶色じゃない」とそこに驚いた私でした。

ということは、やっぱり この辺りはすごかったんだなと改めて
感じました。




そして、それは それを見た私へのメッセージでもあるそうです。
そうなんですよね。
2年くらいお邪魔していないのにふとお参りする気持ちになったんです。そして、着いてみたら ちょうど大杉さんが撤去されるところ
だったんですから。
わー他人事ではなかった。

「やり直し」「見直して」。

数日経ってますます その言葉を噛みしめている私です。
確かに、その通りだなあと。


そしてまた、それは このブログを読んだ方々のメッセージでもある
ようで。きゃー、他人ごとではないですね。

うーん、奥が深いメッセージだ。
さすが龍が住む 浜松地方。



ということで、大杉さんは もう撤去されてしまっていますが、多分
穴がそのままになっていると思います。
(閉じてしまったかなあ。)
または 階段の柵はそのままへしゃげているかと思いますので、
お参りされる方は ちょっとご覧になってみてくださいね。


それにしても、あの台風の晩に どれだけ大きな 力強い龍さんが
入ったのやら。
まったく神様仕事です。

私たち人間は、台風の最中 お家の中で小さくなっていて その様子を
見ることはできませんでしたが、きっと ものすごいことがあの神社で起こったんでしょうねえ。



何ヶ月か経ったらまた お邪魔させていただこう。
新しい龍さんの入った 八幡宮さんの変化も見てみたいです。
私もその頃には きちんとした 「やり直し」ができているように
がんばります。




f0247600_15352164.jpg
大杉さん(涙)



f0247600_15355195.jpg
こちらは 本宮への道です。271段あります。


f0247600_15360722.jpg
ああ、やっと本宮が見えました。


f0247600_15363125.jpg
キラキラ。
朝なので 私1人でした。






f0247600_06264562.jpg


2018・11 追記:
友人が お参りに行って写真を送ってくれました。
そうでした。
木は 切った後も 柱になったりして生き続けるんでした。。
また 涙が、、。夫婦杉さん 本当にありがとうございました。
また ご挨拶に参りますね。










by lehuahousehawaii | 2018-10-23 15:00 | スピリチュアル・ふしぎな話