Hawaiian LomiLomi ハワイのおうち 華(レフア)邸 lehuahouse.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

お体のこと、 ハワイ、旅行記 など いろいろ。お付き合いくださいね✨


by 華(レフア)邸
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2014 Nの 初入院と手術レポート 3



f0247600_15570974.jpeg







⬆︎前の記事です。



鼻の管って ほんと じゃまですね。
でも 私は大人。
(何回も大人だって言っていますね。そこがすでに子供じゃないのか?N)
「こんなことで文句は言えない。。」と、あまり いやに思わないようにしながら、うとうとしていました。
容体が落ち着いていたので 少し早目の4時間弱で鼻管ははずしてくれました。
この後、熱が出たり容体が急変したりするケースもあるので
1時間ごとに看護士さんが確認に来てくれます。
麻酔の切れ具合と、検温、血圧、点滴の量、出血確認。

麻酔は もちろんだんだん切れてきていたんですが、左右差があるので最初のうち このまま どちらかだけ麻痺してたら恐いなあ、と思って
いました。
プシュープシューと 片方ずつ圧縮されるんですが、片方だけ感覚が
なかったりして びっくりしましたね。

そして 麻酔が切れてくると 今度は 尿管カテーテルも気持ちが悪い。
これ ほんとうにつらいです。寝返りを打つたびに 気持ち悪い。。
仕方ないんですが一晩長かったなあ。

あと 点滴もちくちく 寝返りをうつ度、都度 痛いですね。

といいながら、一晩いっしょだとだんだん慣れてくるもんだ。
だんだん体の一部に(笑)。

結局、昼すぎから何もせずにうとうとし、隣のひとの話を聞くとも
なしに聞きながら、うとうとし。

私は カーテン越しのとなりのベッドの方を「ピンポンのFさん」と
呼んでいました。すぐに看護士さんを呼ぶので(笑)
その方のお母さんもほぼ毎日来て ピンポンのFさんは そのお母さんに愚痴を言うんですが、それがまた子供でかわいかった。
妊婦さんだったんですけどね。まだ若そうだったなあ。


夕方 さすがに「本読んでもいいですか?」と少し読みながら うとうとしていました。
お水は夕方6時頃かな?やっと飲んでもよくなりました。
その日は点滴で、ごはんはなしです。
夜に眠れるか不安だったので、入眠剤くださいと言ったんですが
結局必要ないくらい 深く眠れました。
何にもしませんが、手術って体力使うんですね。
眠いのは セルフヒーリングでしょうか。

ということで、朝の診察で 無事 尿管カテーテルを取ってもらい
朝ごはんも食べることができました。
点滴もその晩まではついていましたが 取ってもらい、通常の人間に
戻ることができたのでした。
 
出血があったので 一日延期で結局3泊4日することにはなりましたが。

そのあとも体験談は ありますが、まずは 入院と手術レポートまで。

2014年も、昨年末の負傷に続き、またまた総合病院のお世話になってしまったNでした。




 残りあと約2か月、平穏にすごせますように。



 

 





by lehuahousehawaii | 2014-11-11 20:11 | ◎ 月経・婦人科系・貧血・冷え